自分らしく生きるために~任意後見契約

 

 遺言だけでは老後の備えは万全ではありません。

 

 ご存知の通り、遺言は本人が亡くなった後に効力が

発生するものです。

 

 生きている間に認知症で判断能力が低下したり、

病気で身体能力が低下して、自分の財産の管理や契約など

困難になった場合の備えについてお考えでしょうか?

 

任意後見契約

 

 認知症により判断能力が低下すると

自分で自分の財産の管理ができなくなったり、

病院との医療契約や入院契約、介護サービスの契約などが

できなくなってしまいます。

 

 つまり、自分のお金を自分で使えなくなったり、

自分に関することが処理できなくなってしまいます。

 

 そのようなことを防ぐため、あらかじめ信頼できる人

(任意後見人)を見つけて、その人との間で、もし自分の

判断能力が低下してきたら、自分の代わりに財産の管理や

契約締結等をお願いして引き受けてもらう契約を

任意後見契約といいます。

 

財産管理委任契約

 

 判断能力が低下してはいないが、身体能力が低下して

財産の管理などをすることが不自由になった場合に

備えるのが財産管理委任契約です。

 

 財産管理委任契約書や任意後見契約書の作成と一緒に

遺言書を作成することによって、判断能力が低下する前からの

備えをすることができます。

 

 

当事務所では老後のあらゆる状況に対応するため

委任契約や遺言を組み合わせたプランを作成いたします。

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ。